• トップ /
  • 住宅のベランダの手すり

住宅の質を向上させる

住宅のベランダの手すり

住宅のベランダ手すりの機能

住宅のベランダの手すりには様々な種類があります。手すりは建築基準法で高さが定められていて、床面からは110cm以上が必要です。これは転落防止の為の安全基準です。 手すりの仕上げ方法は、外壁材と同じ材料で内側も仕上げる事もあります。この場合は幅が厚くなるので布団を干したい場合は、布団バサミが使えない事もあります。最近は、住宅用のオシャレなアルミ製の骨組みに、内部はアクリル板タイプの物が多いです。その他では物干し用の腕木が取り付けられた商品もあります。使用する時は取り出し、使い終わったら収納できるなど、非常に便利です。

スペースを有効に使う

多くの住宅にはベランダが付いています。賃貸物件でも持ち家でも、そのような形が多く、主に、洗濯物や布団を干している人が多いですが、実際には、たくさんの使い道があります。家庭菜園を楽しんだり、子供のプール遊びのスペースにも向いています。また、パラソルなどを設置すれば、リゾート感覚で日光浴を楽しめるのもいいところです。住宅は、人々の生活の基盤にもなる存在であるので、メンテナンスをしていい状態を保てば、屋外スペースも使いやすく、重宝する存在として考えることもできます。そして、人々の生活を豊かにできます。

↑PAGE TOP